【担当とわたし】「パルノグラフィティ」板垣巴留×担当編集<その3>

f:id:comicdays_team:20191029125106j:plain

主要漫画賞を総ナメにして話題を呼んだ『BEASTARS』(秋田書店刊)を連載中の板垣巴留先生。なんとKiss11月号より、板垣先生の家族を描いた自伝的ショートホームドラマ『パルノグラフィティ』を新連載!そして、コミックDAYSでも第1・2・3木曜日更新でおっかけ連載が開始!

この驚きの展開はいかにして生まれ、なぜ「エッセイ漫画」を板垣先生は描くことになったのか――!?そこに込められた想いを、今回の新連載を立ち上げた担当編集とともに板垣巴留先生に裏の裏まで語ってもらった特別対談3本立て!

…板垣巴留 『パルノグラフィティ』作者
>『パルノグラフィティ』1話はコチラから!
…Kiss編集・徳留 『パルノグラフィティ』担当。
>担当編集の詳しいプロフィールはDAYS NEOに掲載!

担当「原稿でさらに面白くなっている……!と興奮しました」

──作画に関して、『パルノグラフィティ』と『BEASTARS』で違うところはありますか。

板垣:『パルグラ』はトーンを使わず、コピックで影を付けてますね。元々『BEASTARS』も単行本のあとがきはそうしていたんですけど。
徳留:『BEASTARS』の本編のトーンワークも好きですけど、「Kiss」の紙面でも、「コミックDAYS」で読むにしてもコピックはちゃんときれいに出るし、『パルグラ』のお話の雰囲気にも合っているので。どんな描き方でも面白ければOKです!というスタンスでおります。

──これまでで作画でお気に入りのシーンをうかがわせてください。

板垣:新連載のカラー扉のイラストは気に入ってますね。2話目のガイコツになるところも、うまく迫力ある感じに描けたかなと思います。
徳留:僕は1話目の巴留さんの実家の母による最後のページの混沌とした棚が、やっぱり好きですね。完成原稿を受け取った際に、ネームのときにはなかった養命酒と勇次郎のフィギュアが足されていて、「原稿でさらに面白くなっている……!」と興奮しました。

徳留さんお気に入りの板垣家の棚。第1話より

板垣さんお気に入りの1コマ。第2話より

──ところで『パルノグラフィティ』というタイトルは、どちらから……。

板垣:この人です!
徳留:食い気味で……(笑)。
板垣:タイトルに自分の名前があるのも、自分を押し出しちゃってるし、なによりオシャレ過ぎるという畏怖が(笑)。でも、タイトルとしては読みやすいからなぁ。
徳留:巴留さんは時折、ダサさへのあくなきこだわりを見せますよね。タイトルロゴをデザインする際にも、オシャレにしないでくださいとはお願いされました。
板垣:ズブズブにダサいのがいいんですよ!じゃないと、オシャレ裁判にかけられちゃう……!
徳留:オシャレ裁判……(笑)。毎話の特徴的なサブタイトルは原稿を上げていただいた後に、巴留さんが考えていらっしゃいます。

板垣「だけど「Kiss」でも頑張らないと!」

──連載が始まって、板垣さんの担当編集への印象は当初と変わりましたか?

板垣:やっぱり、わたしを描く気持ちにさせてくれる、モチベーションを上げる力がすごいある人だなと思うし、『BEASTARS』はわたしがプロットもストーリーも全部自分で考えるけど、『パルグラ』に関しては、読みたいものを徳留さんから提示してくれるから、これはこれで楽しいです。実際にネームも、それほど時間がかからずにすんなりと描けるので。

──新たな執筆の場である講談社に関してはどんな印象ですか?

板垣:講談社、めっちゃお金持ってるのかなぁって。風刺画であるじゃないですか。お札を燃やして「どうだ、明るくなったろう」って。そういうイメージです(笑)
徳留:大正バブルの成金じゃないですか。
板垣:出版社によってこんなに雰囲気違うんだなって。
徳留:僕はその場にはいなかったので推測ですが、『BEASTARS』が少年部門で受賞したときの講談社漫画賞の授賞式のイメージが強いのでは?年に一度の特別な日。
板垣:あれにもびっくりしましたね~。帝国ホテルの鳳凰の間みたいなところで、すごい豪華。だから、めちゃくちゃお金があるという強い印象が(笑)。初めて会社を見た時もびっくりしました。
徳留:というと……?
板垣:「銀行だ!」って。
徳留:外観ですかね。
板垣:だから、悔しい気持ちがあったんですよ!わたしは秋田書店で育ててもらった気持ちが強いから、なんだろう、「オラはこんなとこ知らねぇ」みたいな(笑)。だけど「「Kiss」でも頑張らないと!」っていう気持ちもあって……複雑な気持ちです……。
徳留:何卒よろしくおねげーします!
板垣:はい……(笑)。
徳留:でも、『パルグラ』を読んだ『BEASTARS』の担当編集さんも、僕に「巴留先生の人柄がよく出ている漫画になってますね!」という感想をくれて、僕より付き合いが長くて巴留さんのことをよく知る秋田書店の人からそう言ってもらえたのは、とても嬉しかったですね。

担当「「Kiss」や「コミックDAYS」で一緒に『パルグラ』を楽しみましょう!」

──担当編集から見た板垣さんの良いところはどんなところですか?

徳留:ちょっと語っていいですか。
板垣:ど、どうぞ(笑)。
徳留:いくつもあります!仕事に取り組む姿勢を始め。行住坐臥……常に漫画に向き合っていますし、そういう巴留さんから漫画編集として学ぶこと、教わること、気づかされることがたくさんです。貴重な時間を割いてもらっているのも重々承知なので、自分は果たしてこんなに素晴らしい漫画家さんから直接原稿を受け取らせていただいてもいいだけの漫画編集者たりえているかと、省みるときもあるくらいです。かと言って、気難しい方ということでは全然なくて、担当編集の立場をきちんと尊重してくれて、いつも気遣ってくれているのも伝わってくるので、それも本当に有り難いなぁ、もらった分だけの恩をどうにかこちらも返せないものかなぁと思うのですが、もらう恩の方ばかりがネームや原稿をいただく度にどんどん増えていく感覚というか。それから……。
板垣:いやぁ、もう十分ですよ。持ち上げられるのは苦手(笑)。

──板垣さんから、これから漫画家を目指す方に向けたアドバイスをいただけますでしょうか。

板垣:わたしもまだ漫画家歴3年ですので、そんな大それたことは言えないんですけど。漫画は人に読んでもらわないと意味がないので、人の目にたくさん触れるようにするのがよいと思います。まずは描いてプロの編集さんに読んでもらうのが第一歩。漫画を描くことのハードルが高くなっている人はたくさんいると思いますけど、そんなに重く考えずに、色々な人に見せると道がどんどん開けてくると思います。

──もしかしたらモチベーションを上げてくれる編集さんに出会えるかも?

板垣:そうですね。
徳留:色んな雑誌の色んな漫画編集にいっぺんに見せられる便利なツールとして、「DAYS NEO」なども活用してもらえると幸甚です。

──最後に読者へのメッセージをお願いします!

板垣:一生懸命描いているので、他の作家さんたちのついでに読んでくだされば……!
徳留:担当編集者ではありますが、『パルグラ』をいの一番に読めるラッキーな読者だとも思います。「Kiss」や「コミックDAYS」で一緒に『パルグラ』を楽しみましょう!

↓↓『パルノグラフィティ』をさっそく読む↓↓

 

↓↓『パルノグラフィティ』の最新話が読める「Kiss」の購読はプレミアムプランで!↓↓