【担当とわたし】「パルノグラフィティ」板垣巴留×担当編集<その1>

f:id:comicdays_team:20191029125059j:plain

主要漫画賞を総ナメにして話題を呼んだ『BEASTARS』(秋田書店刊)を連載中の板垣巴留先生。なんとKiss11月号より、板垣先生の家族を描いた自伝的ショートホームドラマ『パルノグラフィティ』を新連載!そして、コミックDAYSでも第1・2・3木曜日更新でおっかけ連載が開始!

この驚きの展開はいかにして生まれ、なぜ「エッセイ漫画」を板垣先生は描くことになったのか――!?そこに込められた想いを、今回の新連載を立ち上げた担当編集とともに板垣巴留先生に裏の裏まで語ってもらった特別対談3本立て!

…板垣巴留 『パルノグラフィティ』作者
>『パルノグラフィティ』1話はコチラから!
…Kiss編集・徳留 『パルノグラフィティ』担当。
>担当編集の詳しいプロフィールはDAYS NEOに掲載!

板垣「強い押しがあって、あとはやっぱりわたしがエッセイ漫画が好きなので、『パルグラ』は始められたという感じがしますね。」

──『パルノグラフィティ』連載の経緯をお聞かせください。

徳留:僕は『BEASTARS』(秋田書店刊)の本編はもちろんですが、巴留さんが単行本のあとがきでご自身のことをちょろっと描いているのも楽しみで。「板垣巴留先生はエッセイを描いても面白い漫画家さんだろうな、ご自分のことを描いてほしいな」と、かねてより思っていたので、初めて巴留さんにお会いしたときにそれをお伝えしたんですよね。

──それが1話目の密談シーンにあたるわけですね。

徳留:はい、 巴留さんからは「これまで会った編集さんにそういうことを言ってくる人はいなかったし、自分で考えたこともないです」みたいなお返事だったかと…… (笑)。「でも、エッセイは好きなので、描けるかどうかはわかりませんが嬉しいお話です」とも言ってもらえたんですよね。
板垣:わたしも週刊連載をしているので、お仕事を安請け合いできないという思いはあったんですけど……徳留さんはすっごいわたしを気持ちよくさせる、描く気にさせる言葉をいっぱいくれる人だったんです。

──そこから連載はスムーズに決まったのでしょうか?

板垣:徳留さんの話を決めてくるスピード感も、とにかくすごく速かったです。ポンポンポンっていう感じで。
徳留:そこは「こんなに愉快なものを自分だけしか知らないのは、もったいない、申し訳ない、早く世に出したい」という気持ちでした。でも、色んなタイミングがよかったようにも思います。
板垣:『BEASTARS』がアニメ化されるタイミングだから、そういう意味ではよかったのかも。
徳留:『BEASTARS』の担当編集さんも快く相談にのってくれて、それも本当に有り難かったです。それと『BEASTARS』とはまた違うものを描きたいという欲求も、巴留さんの中にありましたよね?
板垣:ありましたけど、それが自分のことだとは思いませんでしたよ……!徳留さんからの強い押しがあって、あとはやっぱりわたしがエッセイ漫画が好きなので、『パルグラ』は始められたという感じがしますね。

第1話より

担当「どんなジャンルの漫画でも、面白くなるかは結局はキャラが立っているかが肝要ですよね」

──エッセイ漫画はよく読まれているんですか?

板垣:一番読んでいるジャンルだと思います。エッセイ漫画は人の生きざまが一番見られる気がして好きなんです。小さい頃はエッセイ漫画ばっかり読んでいました。一番好きな漫画はけらえいこ先生の『あたしンち』(KADOKAWA/メディアファクトリー刊)。エッセイ漫画とは違うけど、ほぼ作者の体験に基づいているんだろうなっていう漫画です。このジャンルの影響は大きかったですね。
徳留:そういえば、『パルグラ』の母のキャラデザにも、巴留さんなりの『あたしンち』へのオマージュも入っているとお話してくれたことがありましたね。

──少女漫画も好きでしたか?

板垣:はい。好きだったのは『ミルモでポン!』(小学館刊)ですね。
徳留:巴留さんは「ちゃお」で育ったから。
板垣:そう、「ちゃお」がすごい好きだったんですよ。
徳留:でも小さな頃から、漫画家を目指していたわけではなかったんですよね?
板垣:小学生の時はたくさん漫画を読んでいましたけど、漫画家を目指すとかはなかったです。それから興味の対象が漫画から映画に移行していったので、大人になっても漫画を読む人って結構いるんだなって、デビューしてから知った感じでした。

──というと、最近の女性向け漫画や少女漫画からは距離があったのですか?

板垣:はい……だから、いきなり「Kiss」の連載陣に入ってしまって不安もあります!
徳留:でも、雑誌って色々なジャンルの漫画があるからよいわけで、大丈夫じゃないですか。僕が思っているだけじゃなくて、実際『パルグラ』好反響ですし。
板垣:そうかなぁ。

──これまで少女漫画を描いてみようと思ったことはなかったのですか?

板垣:『BEASTARS』でラブコメ展開にしようとしたり、レゴシをイケメン演出しようとしても、だいたい失敗するので、向いてないかなと思いつつ。でも少女漫画で育ったから憧れはあるんです。

──家族を描くことについては、どう思われていますか?

板垣:読者さんに対しては他人の家族のことだから、面白く読んでもらうために頑張らないとなと思っています。わたしから見ると、家族はみんなキャラが立っていると思うので、他人事でありながらも面白がってもらえる漫画にしたいです。
徳留:どんなジャンルの漫画でも、面白くなるかは結局はキャラが立っているかが肝要ですよね。
板垣:普通は人の家庭のことに興味を持たないじゃないですか。でもだからこそ、面白いエッセイってすごいと思います。

──1話目でまず「わたしの家庭環境は普通だよ」と描いていましたね。

板垣:そうなんです。わたしは人間としては普通だから、そこを上手いこと描いていきたい。
徳留:巴留さんは普通って言いますけど、その普通への視点がユニークなんですよね。このあいだも、巴留さんの家に賞味期限が一年切れたレトルトカレーがあったらしくて、Twitterのアンケート機能を使ってフォロワーの人達に「食べるべき」「やめるべき」に加えて「温めて食べるべき」って三択で聞いてたんです(笑)。

──どの選択肢が票を一番集めました?

板垣:やめとけ〜って。案外ダメなんだと思って、仕方ないからやめました。加熱すれば食べられたりするのでいけるかなって思ったんですが(笑)。
徳留:そういう巴留さんのただの賞味期限が切れたレトルトカレーを大勢のフォロワーさんを巻き込んでおもしろおかしくできちゃう発想とか、そこで二択じゃなくて「温めて食べるべき」という第三の選択肢が思い浮かぶ独特のセンスに、僕はとても惹かれますね。

『パルノグラフィティ』の多彩なエピソードはどのようにして生まれてくるのか?次回はその創作の秘密に迫ります。 

<第2回は11月14日更新予定>

 

 

↓↓『パルノグラフィティ』の最新話が読める「Kiss」の購読はプレミアムプランで!↓↓

f:id:comicdays_team:20191028121723j:plain