架刑のアリス(1)

架刑のアリス(1)

架刑のアリス(1)

2018年11月29日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
架刑のアリス

架刑のアリス

由貴香織里

世界有数の財閥、久遠寺家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」で9人の兄妹が一堂に会する中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹で殺し合いをしてほしいの」。混乱の中、理性のたがが外れた四女・ステラは、金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる――!! さあ、「いかれたお茶会」をはじめましょう

話を単行本単位でまとめてご購入いただけます