殺人猟団 -マッドメン-(1)

殺人猟団 -マッドメン-(1)

殺人猟団 -マッドメン-(1)

2018年11月09日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
殺人猟団 -マッドメン-

殺人猟団 -マッドメン-

長田龍伯

かつて楽園と呼ばれた絶海の孤島、神顎島。憧れの琴音先輩とともに、今は地図に無き、この無人島を訪れた高校生の大鷹琥郎。そこで2人は、いるはずのない“島民”を目撃する。彼らの正体は、獲物(人)を“狩る”殺戮者──。ここは、世界中の猟奇殺人犯が跋扈する「殺人鬼の島」だった…!