天地明察(1)

天地明察(1)

天地明察(1)

2018年04月28日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
天地明察

天地明察

槇えびし/冲方丁

幕府の碁打ち、渋川春海(二代目安井算哲)は、碁の名門四家の一員でありながら真剣勝負の許されないお城碁の現状に飽きており、趣味の算術や天文観測に没頭する始末。そんな時、算術絵馬が多数奉納されているという神社に出かけた春海は、全ての問題を一瞥のみで解いていった若い武士の存在に衝撃を受ける。その武士の名は「関」。春海の退屈な日常はこの日を境に大きく変わることになる……!

話を単行本単位でまとめてご購入いただけます