【第4話】妖精王女、皇帝の真意を誤解する 後編

【第4話】妖精王女、皇帝の真意を誤解する 後編

【第4話】妖精王女、皇帝の真意を誤解する 後編

2022年09月26日

ツイートして応援しよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
冷血竜皇陛下の「運命の番」らしいですが、後宮に引きこもろうと思います ~幼竜を愛でるのに忙しいので皇后争いはご勝手にどうぞ~

冷血竜皇陛下の「運命の番」らしいですが、後宮に引きこもろうと思います ~幼竜を愛でるのに忙しいので皇后争いはご勝手にどうぞ~

ヤス/柚子れもん

竜族の皇帝に謁見することになった妖精族の王女エフィニア。しかし皇帝に出会った途端、エフィニアが彼の運命の番だということが発覚する。驚くエフィニアだったが「あんな子供みたいなのが番だとは心外だ」という皇帝の心無い言葉を聞いてしまい…。ならば結構です! 溺愛なんて望みません! 迷い込んだ小さな竜とも仲良くなり後宮生活を満喫するエフィニアだが、どうもこの竜には秘密があるようで…?

ローディング中…