第八話 真樹の記憶

第八話 真樹の記憶

第八話 真樹の記憶

2018年02月01日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
五佰年BOX

五佰年BOX

宮尾行巳

遠野叶多(かなた)は、幼なじみの真奈の家から奇妙な箱を見つける。箱の中には実際の人間が生活し、よく見るとそこは中世の日本らしき世界だった。好奇心で観察を続けるが、ある時、箱の中で少女が野盗に襲われているのを見てしまい、思わずその野盗を殺してしまう。動揺した叶多は真奈に相談するため彼女の家に向かう。だがそこで真奈の父親から思いもよらぬ事実を告げられる。「うちには真奈なんて娘はいないよ」と。