全画面表示を終了する

第1話 地上の少年

2020年05月13日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
アヤナシ

アヤナシ

梶本ユキヒロ

生命を蝕む黒い霧を放つ“死の化身”傷付く覚悟が、そして、傷付ける覚悟がある者だけが“アヤナシ”となり、それらを滅することができる―――この世界では人は皆、地下の街で暮らしている。なぜなら地上には化け物がいて、奴らはどんな武器でも倒せないから。唯一、その化け物を倒しうる存在、それが――アヤナシ。地下の街で暮らす姉弟はある日不思議な少年と出会う。傷を負った少年は自らを「ホロ」と名乗り、徐々に二人と打ち解けるが、その街にも地上の化け物の脅威が迫る。蹂躙される街と人。その時ホロは右腕の短刀に炎を燈し…。これは常闇の地上に光を燈す物語。

ローディング中…
ローディング中…