王国の子(6)

王国の子(6)

王国の子(6)

2018年03月09日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
王国の子

王国の子

びっけ

ある国に息づく残酷なしきたり。それは“影武者として生きること――”。場末の芝居小屋で役者をしていた少年・ロバートは、王位継承権をもつ王女・エリザベスの影武者として声をかけられる。“絶対生きて帰ってやる――”回り始めた運命の輪に、ロバートは飲み込まれてしまうのか?偽り、罠、憎しみ。欲望に満ちた人間関係を描く、待望の第1巻。

話を単行本単位でまとめてご購入いただけます