全画面表示を終了する
タテに読みます

第131話 ご先祖様⑤

2018年08月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
ムギのころ

ムギのころ

片倉真二

1990年代、とあるふつーの女子高生だった私。いつもの朝、いつもの朝ごはん、いつもの登校風景……に紛れる子猫1匹。この子猫との出会いで、私の生活は一変。お父さん、お母さん、そして大きな大きなお相撲さんを巻き込んで、子猫が成長していく事に。そう、私の実家は相撲部屋なんです。

コメント一覧